業務案内works

個人のお客様

個人のお客様イメージ 個人のお客様にとって不動産は高額であるにもかかわらず、触れる機会の少ない資産で、確かな情報を得ることが難しい場合があります。国家資格を有する不動産鑑定士が、お客様が適切な判断をできるようお手伝いいたします。

売買・交換

不動産の相場は、インターネット等でも調べられるようになっています。但し、不動産は工業製品ではなく、全く同じものが二つ存在しないことが特徴で、すぐ近隣にある物件同士でも価格に差が生じる場合があります。不動産鑑定士は、客観的な目線で調査し、売買事例との相違を明確にして、対象物件の価格を精緻に査定します。

賃貸借

ビルやマンションなどの賃貸事業を円滑にマネジメントするには、貸手も借手も納得のいく水準での賃料設定が不可欠です。このような家賃のほか、地代、契約更新料、名義書替料なども鑑定評価の対象です。また、借地権、借家権価格と財産価値判定の根拠としても鑑定評価書は役立ちます。

賃貸住宅
ビル経営のシミュレーション

賃貸住宅やビルの経営については、稼働状況や賃料水準によってその収益性が大きく異なってくるため、第三者の立場でアドバイスできる専門家の意見が重要です。アパート・マンション経営の提案を受けている方へのセカンドオピニオンも提供できます。

相続対策

相続財産の中で大きな割合を占めるのが不動産です。このため相続に際して一番問題となるのが土地・建物など、不動産の分割です。鑑定評価を依頼することによって、適正な時価の把握ができ、生前の相続対策や遺産分割を円滑に進めることができます。
また、所有不動産をどのように次世代に継承していくかをアドバイスします。必要に応じて提携税理士と連携して最善策をご提案していきます。

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

●お電話はこちら

0522499600

●メールはこちら

お問い合わせフォーム