業務案内works

税理士・会計士の皆様

税理士・会計士の皆様イメージ 個人・法人を問わず、お客様の資産の中で不動産は大きな割合を占めます。当然にその価値の把握は、お客様へのコンサルティングには不可欠です。専門家の目線で評価すると、意外な結果になることもあります。

相続・贈与

相続税の申告に際して、財産評価基本通達による算定額よりも鑑定評価を利用した方が低い評価が出る物件があります。例えば前面道路が2m未満である、形状が悪い、崖地部分があるなど個性の強い土地は、鑑定評価が有効となる可能性がありますので、ご相談されることをお勧めします。
また、財産評価基本通達による算定についても、弊社にてCADによる図面作成・計測、現地調査、役所調査、評価明細書作成等を代行することが可能です。

広大地判定

広大地とは、その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく地積が広大な宅地で、開発行為を行う場合に道路など公共公益的施設用地の負担が必要である土地と定義されています。この広大地に該当する土地は、「広大地補正率=0.6-0.05×面積/1000㎡」という算定式による補正係数を乗じて評価額を計算するため、大幅な減額ができます。
広大地規定が適用できる要件については、こちら

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

●お電話はこちら

0522499600

●メールはこちら

お問い合わせフォーム